TTUBE
他を圧倒する番組。

online OFFLINE

00:00
Tsutomu Tokunaga @f:100003268310411
  • Level 1
  • Fanned 2
九州で産まれ博多でいろんな経験を積んで、博多を中心に九州や東京で商売を展開しながら、この時代に産まれて来た自分の使命を全うし、時はまさに戦国時代、研ぎ澄まされた日本刀で弱きを助け日本全土で生き様よりも探しているのは、死にざまです。

生き続けるために守りの生き方はするつもりもなく、死んだように生きるのは今日から辞めると、一人でも多くの人が上を向いて戦いながら人生を歩めるように、なんて事を思いながら今を生きてます。
自分は世界に出て商売をしたいと思いますが、日本の経済が悪いとか日本より海外が好きだとか、そう言う意味ではなく、なによりも日本人である事を誰よりも誇りに思ってるからこそ侍の心を持っているからこそ、海外に挑みたいと考えてます。
株式会社徳永座
みなさん、こんにちは。「自分が飲食業界で働くなんて!」この会社に作るまで思ってもいませんでした。徳永座は一言で言うと会社ではなく自分を輝かしてくれる舞台であり、世界観を変えさせてくれるステージです。 Speedを大事にしている会社なので、行動力とフットワークが重要であり、個々が生み出すモチベーションを最も必要としています。徳永座では学歴や年齢などは関係ありません。あなたのモチベーションが徳永座という舞台で大きなチャンスに変えてくれます。 徳永座で働くまでの僕の夢はとても小さなものでしたが、徳永座と言う会社との出会いで、大きな夢を持つ事、そして攫むところまで来ました。走り出した僕の夢を誰にも止める事はできないでしょう。私が徳永座で行った事は、常にモチベーションを持ち、考え、行動しただけです。 もし、貴方にどこかで止まってしまっている夢があるなら、もう一度、徳永座で何倍ものスピードで夢を走らせませんか?一人でも多くの方がこの出会いにより徳永座と言う舞台で共に歩んで行く事ができたら、それは大きな幸せです。 歴史に残る仕事がしたい!を心に 徳永座は、世界一のエンターテイメント企業を目指しています。 99%の会社が言い訳をするのなら、言い訳をしない1%の会社でありたい。 こんな時代だからこそ仕事やビジネスじゃなく、貴方にしかできない意味のある事を探して下さい。新時代の先駆者であり、大切な物を未来に届ける事、そして何よりも多くの人を幸せにできる成功者を目指しましょう。 心で熱く叫べ6項目。 このステージ(徳永座)でプロフェッショナルになる為の徹底。 お金のためではなく人を幸せにする事。人の心を奪うぐらい幸せにする事が一番大事な稼げる仕組み。 言い訳をする人生。人の所為にしてしまう人生は今日で終り。 近道がない事に気づく事が一番の近道。 衣・食・住で世界を変える。 成功する24の法則 日本一の飲食店になるまで、できない理由を口にしない 大事なのは仕事することじゃなく、出会う人を幸せにすること 今日からでも、今日だけでも、最後の日だとしても、あなたにしかできないことはきっとある 「いらっしゃいませ」の一言が感謝を与え、「ありがとうございます」の一言で心を奪う お金を稼ぐことが幸せじゃなく、出会う人を幸せにすることこそが忘れてはいけない心 こんな時代だからしょうがないじゃなくて、こんな時代だからこそ、こんな不景気だからこそ、24はでっかく生きる商売人である以上、お客様の前でプロとか素人は関係ない 何のために働くのか?大事なのは志しを持つ事 あなたにしかできないことがあるから、あなたは今ここにいる 成功の階段を一段づつ昇る事が、一番の成功への近道 自分があきらめない限り夢は叶い、一人でさえ心が折れなければ会社は続く こんな景気だからこそ、口先じゃなく背中で語れる人になれ あなたが生まれた意味??「才能は呼びおこすもの」「自分で磨き見出すもの」最高の舞台で輝ける様にと、勝負出来る様にと、自分自身をプロデュースする 体を鍛え、心を鍛え、肉体になり、精神になり、そしてさらに強い人間力を身につける 新しい自分に挑戦し、自ら運命を切り開き、後悔のなき人生を歩む 新しい才能に敏感になり自分の才能を開花せよ 落ち込んだ時、うまくいかなかった時、それが成功のメッセージ、そこで学んだ重みの分だけ、あなただけに見える道の数? 家族を愛し仲間を大切にしている同じ志しを持って一生の同志を得る ハイと云う素直な心 すみませんと云う反省の心 わたしがしますと云う奉仕の心 おかげさまと云う謙虚な心 ありがとうと云う感謝の心 最後まであきらめない、絶対に負けないと云う心 絶対、何かを伝えるために生まれて来たのだと思う。 子供が、生まれ人生は、また楽しくなって嫁に死ぬほど感謝して。 息子が、生まれて初めて生命や使命の重さに築き。 家族になって、父や母の偉大さに感動すら覚え、先祖を思うことが心からできた。 そして今、自分が作り始めた徳永座と言う家族は輝きを初めました。 ここに、集う仲間達は従業員でも何でもなく同じ夢に共有することができた同志であり、 運命的じゃなく必然だったのだと思う。 僕は、家族をこえたこの仲間達と笑いの耐えない人生の答え探しをしています。 自分が掲げたこの、旗は何度へし折られようが、短くなっていようがこの仲間がいるかぎり 自分は、一度咲かせたこの旗を夢の場所に立てるまで子供のようにがむしゃらに 走り抜き生涯を仲間に捧げようと思います。 出会えた事に感謝してます。 徳永座に関わるすべての人を僕は心の底から大好きです。